読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

14-15シーズン選手総評・B(1)

f:id:boku-bucciarati:20150609010417j:plain


7番 トマシュ・ロシツキー 評価・B

            出場 ゴール アシスト イエロー
コミュニティーシールド 1   0   0   0
 キャピタルワンカップ 1   0   0   1
      FAカップ 3   1   1   0
 チャンピオンズリーグ 4   0   0   0
    プレミアリーグ 15  2   1   1

 リーグ戦績

合計 15試合出場(576分間)  2 ゴール
出場試合勝率 73.3% (チーム平均:57.9%)
先発試合勝率 80.0% (チーム平均:57.9%)
出場試合平均勝ち点 2.27 (チーム平均:1.97)
先発試合平均勝ち点 2.40 (チーム平均:1.97)

 

Mrリトル・モーツァルト。或いは攻撃のタクト。この人が2列目に入ると攻撃テンポが変わる。
特にカゾーラ・ウィルシャーエジルあたりと絡むとショートパスをバシバシ繋ぐので
さながら協奏曲か、はたまた連弾か。とにかくなんか芸術的。
また近年は闘魂溢れる(無茶な)タックルまでかましてくれるので、
この人が居るだけでグーナーの熱が一段階上がる気がする。

 

f:id:boku-bucciarati:20150609010630j:plainf:id:boku-bucciarati:20150609010702j:plain

特にFAカップ対ブライトン戦で見せたミドルは鮮烈だった。


ちなみにリーグ戦、先発試合勝率80% 先発試合平均勝ち点2.40と かなり高い数字。
ボスに聞きたい「なんでロシツキさんあんまり使わんのや!?」と。
いやホントに、使わないぐらいならロシツキさんの為にも出場機会が多いであろうクラブに行かせてやって欲しい。
この人あと3年はトップフォームでフットボール出来るはず。

 

 

 

 

 

f:id:boku-bucciarati:20150609010838j:plain

 

39番 エクトル・ベジェリン 評価・B

           出場 ゴール アシスト イエロー
キャピタルワンカップ 1   0   0   0
     FAカップ 3   0   0   1
チャンピオンズリーグ 4   0   0   1
   プレミアリーグ 20  2   1   5

 リーグ戦績

合計 20試合出場(1563分間)  2 ゴール
出場試合勝率 65.0% (チーム平均:57.9%)
先発試合勝率 58.8% (チーム平均:57.9%)
出場試合平均勝ち点 2.15 (チーム平均:1.97)
先発試合平均勝ち点 2.00 (チーム平均:1.97)

 

14-15シーズン最も頭角をあらわした若手。元バルサカンテラーノのスペイン人RB。
ドビュッシーの負傷離脱とチャンバースのRBのプレイがイマイチだった事もあり
この若手が14年末ぐらいからドンドン頭角をあらわしてきた。
ベジェリンの一番凄かったところは一試合一試合、目に見えて成長していく様。
それはある意味でグーナーにとって最も心地の良い瞬間かも知れない。
サブチーム時代のプレイを見た事あったけど、その頃から追走守備
(後ろから追っかけて相手のボールを奪うプレイ)がやたら上手かった。
被カウンター時に走力で負けてるシーンはほとんど無い。
またコクランと組んで相手の左を封殺するシーンも散見された。

f:id:boku-bucciarati:20150609011110j:plain


印象に残ったのは対リヴァプール戦の先制点のシーン。
右からラムジーと共に相手の左を切り崩し、中央に侵入、ラムジーからボールを受け、一旦切り返してそのまま逆足でシュート。
綺麗な弧を描いてミニョレの脇を通過しゴールネットを揺らした時確信した。こいつはグレートだぜ!と。

目下の課題はやはり対面守備とドビュッシーのような水際の強さが求められるだろうか。

 

 

 

 

 

 

f:id:boku-bucciarati:20150609011308j:plain

 

5番 ガブリエル・パウリスタ 評価・B

        出場 ゴール アシスト イエロー 
  FAカップ 2   0   0   2
プレミアリーグ 6   0   1   0

 リーグ戦績

合計 6試合出場(348分間)  0 ゴール
出場試合勝率 100.0% (チーム平均:57.9%)
先発試合勝率 100.0% (チーム平均:57.9%)
出場試合平均勝ち点 3.00 (チーム平均:1.97)
先発試合平均勝ち点 3.00 (チーム平均:1.97)

 

冬にビジャレアルから移籍金約1300~1500£で獲得。ブラジリアンCB。
夏に出て行った元キャプテン・フェルマーレンの5番を引き継ぐ。
「もし夏にパウリスタを獲得していれば・・・」という事が悔やまれかねない。
シーズン序盤にコシェが負傷離脱した際、もしパウリスタが居ればその代役が務まった可能性が十分高い。
同じストッパータイプのCBとしてタックル・空中戦・鋭い出足に於いてコシェルニーに全く引けを取ってないからだ。
特に水際の体の張る様と、被カウンター時に極めて冷静に対処した様は素晴らしかった。
そういうプレイ一つでチームがどれだけ助かるか。少ない試合出場ながらも貢献度は大きかった。

DFが安定した力を発揮するにはある程度の固定されたメンバーである事が要されるが、
来季のパウリスタの扱いはどうなるだろうか。ともかくポテンシャルは高い。当たり補強。
ちなみに出場した8試合の勝率は100%。