読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミアリーグ前半戦を終えて

あけましておめでとうございます。ブチャらてぃです。

本年もよろしくお願いします。

 

さてプレミアリーグ20節を終えて今の順位表はこんな感じ。

(fuoriclasse)

順位 チーム名 勝点 試合 得点 失点 得失差  
1.   アーセナル 42 20   13 3 4 34 18 +16 CL1
2.   レスター・シティ 40 20   11 7 2 37 25 +12
3.   マンチェスター・シティ 39 20   12 3 5 39 21 +18
4.   トッテナム 36 20   9 9 2 34 16 +18 CL2
5.   マンチェスター・U 33 20   9 6 5 24 17 +7 EL1
6.   ウェストハム 32 20   8 8 4 30 23 +7  
7.   クリスタル・パレス 31 20   9 4 7 23 19 +4
8.   リヴァプール 30 20   8 6 6 22 24 -2
9.   ワトフォード 29 20   8 5 7 25 22 +3
10.   ストーク・シティ 29 20   8 5 7 21 21 0
11.   エヴァートン 27 20   6 9 5 36 29 +7
12.   ウェスト・ブロムウィッチ 26 20   7 5 8 20 25 -5
13.   サウサンプトン 24 20   6 6 8 26 24 +2
14.   チェルシー 23 20   6 5 9 26 29 -3
15.   ノリッジ 23 20   6 5 9 23 32 -9
16.   ボーンマス 21 20   5 6 9 22 34 -12
17.   スウォンジー 19 20   4 7 9 17 26 -9
18.   ニューカッスル 17 20   4 5 11 19 35 -16 降格
19.   サンダーランド 15 20   4 3 13 22 39 -17
20.   アストン・ヴィラ 8 20   1 5 14 16 37 -21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在勝ち点42点で我がアーセナルが首位。

年末のボーンマス戦に勝利して、首位で折り返しております。

2位は好調レスター・シティ

ヴァーディーとマレズはまだまだ点を取りそう。

3位にマンチェスター・シティアグエロがようやく本格復帰か。

4位にリーグ最少失点のトットナム

5位マンチェスター・ユナイテッド。14節から19節まで勝利なしで失速中。慢性的な得点力不足が不暗視されている。

6位ウエストハム。チームの攻撃を牽引していたパイエが足首を負傷して離脱して以降、見事に得点力不足に陥って、勝ち点を落としている。本人は20節に復帰。

ウエストハムはパイエ・ランシーニの両者を欠くと厳しいかも。

 

 

さて我がアーセナルの話

(前回からすごく間が空いてしまってサーセン

まずCL。非常に非常に厳しい苦しいグループステージだったが、

最終節アウェイでのオリンピアコス戦ではジルーのハットトリックもあり、

グループステージを見事2位で突破。

f:id:boku-bucciarati:20160106181948j:plain

 

いきなりザグレブオリンピアコスに2連敗したときは「さすがに今季こそはもうダメかも・・・」と思ったものですが、まあ終わりよければすべて良し。

連続ベスト16進出はなんとか途絶えず済みました。

 

そしてベスト16のお相手は・・・・・前回王者バルセロナ

 

正直、知ってた!

 

UEFAの考えそうな事なんて、素人にだって予想出来るってお話ですわな。

つー訳で毎度ベスト8以上行くチーム対 毎度ベスト16で消えるチームの対決でございます。とってもとっても楽しみでございます。

私は本来Sな性分でございますが、アーセナルファンになって以降、徐々にMになりつつあります。人の性癖まで変えちゃうクラブ。それがアーセナル

かかってこいよMSN!!!

 

 

プレミアリーグ前半戦MVP

もちろんこの人メスト・エジル

f:id:boku-bucciarati:20160106183551p:plain

7節レスター・シティ戦から13節WBA戦まで7戦連続アシスト。

プレミアの連続アシスト記録を彼が塗り替えた。

以降も好調が止まらない。カゾーラが抜けても、サンチェスが抜けても、彼は変わらず人より多く走ってチャンスを作り続ける。

また近年はセットプレーからの得点が多く生まれており、その要因に彼の精密なキックが寄与しているのは言うまでもない。

セットプレーでワクワクできる喜び、噛み締めております。

 

メスト・エジル

19試合出場 3ゴール 16アシスト

平均パス成功率 88%

チャンスクリエイト 計83

 

数字にすると、とんでもない。

1試合平均に4つ以上、シュートに繋がるパスを出してる事になる。

また実際的に、フィニッシャーが精度を欠いて、外してしまったケースは多く、

未遂に終わったラストパスの数も多い。

プレミアリーグのアシスト記録はティエリ・アンリの持ってる20本(02-03シーズン)だが、

エジルは前半戦だけでその記録を塗り替える勢いがあった。

これだけの話でも、彼が如何に稀有で、恐ろしいフットボーラーなのかが理解できるんじゃあないでしょうか。

数字には表れないがシュートの2手前のパス、所謂プレアシストの精度も高く、殺傷力がある。とにかく視野は広く、常に相手のウィークポイントを探している印象。

 

このまま行けば今季のプレミア年間MVPはジェイミー・ヴァーディーとエスト・エジルの一騎打ちになりそうである。

 

www.youtube.com

 

本来アーセナルはプレイメーカー・カゾーラ、クラッキ・エジルという

両輪を主軸に攻撃するチームなんだけど、この片方が11月末に負傷離脱。

「流石にその影響は大きいだろうな」と懸念したが、

なんのなんの、今度はエジルが司令塔っぷりを発揮し始める。

元々広かったプレーエリアがまた一つ広がった感じ。

 前線守備もするし、3列目もフォローするし、カウンター時には真っ先に駆け出す。

そしてここぞという時も、ここぞと言わない時も、相手を破壊する一振りを放つ。

 

最近は味方に守備の指示をする場面も多く見られ、いよいよチームを背負う選手になりつつあるように見える。

エジルは変わった。体つきも変わったし、精神面も変わった。気持ちを前面に出し始めて、ゴールへの姿勢も変わった。

 それはヴェンゲルの見つけた「伸び代」だったのだろうか。

どうして(あのケチンボな)ヴェンゲルがエジルにだけは5000万£という大枚を叩いたのか。今ならよく分かる話である。

 

f:id:boku-bucciarati:20160106204437j:plain

 

 

僕はたまに考える。

「もし現アーセナルの選手が敵としてあらわれたならば?」と。

 

ラムジー。手強そうだな。だけど対応できない訳じゃない。

攻撃に上がってきた後のスペースを逆に突いてやろうか。

のってなければ勝手に自滅してくれる。

ジルー。なかなか強敵だ。得意な形を徹底的に潰さないといけない。

とにかくDFを激しく当てて、ぶっ倒れてもらおう。

独力だけ見れば怖くはない。

ウォルコット。裏抜けは本当に危険だ。SBに徹底的にマークさせよう。

スペースも与えれない。だけどある程度動きを制限させれば、ほぼ無力化できるだろう。

カゾーラ。相手の要だ。ここを好きにさせる事だけは極力避けたい。

ここを抑えれるかどうかが勝負の分かれ目だろう。要注意人物だ。

サンチェス。恐ろしい上に、乗せると止めれない。スペースは絶対に与えられない。

しかし撤退は選ばず強引に攻撃してくるので、詰ませてボールを奪わせてもらおう。

彼のボールロストはこちらの大きなチャンスだ。

 

エジル・・・・・・・・・

考えたくもない

 

そう、概ねの選手は強敵だとは思うが、対処できない訳じゃないので、

敵としてあらわれたなら、逆に「エキサイティングだな」と思える。

怖さよりも「でも面白そうだなぁ」という気持ちが勝るんですよ。

 

ただエジルに関してだけは、考えたくもないぐらい怖い。

ただでさえ脆いアーセナルの守備に、破壊神エジルが襲いかかってきたら

破壊につぐ破壊。さんざん蹂躙されて、あとは焼け野原。が目に見える。

 

何年か前から感じてる。

「この人本当に味方で良かったなぁ・・・」と。

 

僕にとって、最も恐ろしいフットボーラーは誰あろう、エジルたんなんです。

めっちゃ愛してるけどね。

 

 

後半戦の展望

我がアーセナル

一応前半戦が終わった時点で首位でしたが、

正直、正直、タイトルは遠いな~と思ってます。

やはりカゾーラ・コクランの両センターハーフの離脱(それも長期)の影響は大きいです。この穴は中々深いんです。

なのでDMFの補強は必須。というか無いと駒的に足りません!

多くの怪我人たちもいつも通りなかなか戻ってこないので、

固定メンバーの疲労はシャレにならないところまで行くと思います。

ま~だまだキツい試合が待ち受けています。

僕は優勝を全然楽観視しておりません。

セインツに4-0で負けたのが良い例です。このチームはまだまだ弱点が多いです。

そこを改善しつつ、スカッドも分厚くなれば・・・あるいは・・・ぐらいです。

 

おそらく後半戦の鍵を握るのはこの二人。

f:id:boku-bucciarati:20160107133935j:plain

f:id:boku-bucciarati:20160107134148j:plain

16番と14番の二人。

今現在は割と得点から遠い二人ですが、必ず取れる時期が来るはず。

どっちかが決定機を決めてくれれば、もっと楽して勝てます。

 

逆境時に奮闘できるラムジーと、

難敵相手に燃えるウォルコット

 

難敵と逆境時にエジルでは中々流れを変えれないケースがある。

そういうチームが苦しい状況に立った時に、この二人が大仕事をしてくれると非常に助かります。

この二人の出来が後半戦の戦績を大きく変えるのではないかと、予想しております。

 

 

後は周囲次第。シティとスパーズは必ず追い上げて来るはずなので、ここには絶対負けれません。レスターもなんだかんだ上位キープすると思うので恐ろしい相手に違いありません。ユナイテッドとリヴァプールは・・・・・・・うん。うん・・・。